赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

TweetShare+1HatenaPocketRSSfeedlyPin it

赤ちゃんの夜泣きは、子育てにおける大きな悩みの種の一つです。


ある日突然始まって数ヶ月以上にわたって続く上、お父さんお母さんが熟睡している時に泣き出すことが多いため対応がとにかく大変で、育児の中でも負担感が大きくストレスがたまりやすいものです。


夜泣きが原因で育児ノイローゼになるというお父さんお母さんも少なくありません。


夜泣きは、ほとんどの赤ちゃんが成長の過程で通る道で、夜泣きをなくすことは難しいものですが、適切に対処することで育児の負担感を減らすことはできることがあります。


このページでは、夜泣きの原因・理由、始まる時期と治まる時期、対処法について紹介しています。


見出し

22.12.22.32.43.13.255.15.25.35.467
赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

赤ちゃんが夜泣きをする原因は?

赤ちゃんの夜泣きの原因は、はっきりとは解明されていません。考えられることとしては、不安感や興奮、眠り方がわからないといった不快症状をはじめ、睡眠サイクルの乱れ、刺激やストレスなどがあげられます。

昼間に眠りすぎたり逆に昼寝をしなかったり、夜中に目を覚まして遊びはじめたりなど睡眠サイクルや生活リズムが乱れることも、夜泣きにつながると考えられます。

次からは、夜泣きをしたら、まず試したい対策をご紹介します。

夜泣きとは?いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの原因と対策 – こそだてハック

赤ちゃんが夜泣きをする原因は?

赤ちゃんの夜泣きの原因は、はっきりとは解明されていません。考えられることとしては、不安感や興奮、眠り方がわからないといった不快症状をはじめ、睡眠サイクルの乱れ、刺激やストレスなどがあげられます。

昼間に眠りすぎたり逆に昼寝をしなかったり、夜中に目を覚まして遊びはじめたりなど睡眠サイクルや生活リズムが乱れることも、夜泣きにつながると考えられます。

次からは、夜泣きをしたら、まず試したい対策をご紹介します。

夜泣きとは?いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの原因と対策 – こそだてハック

夜泣きはいつまで

通常は、生後1歳半頃までに治まります。


ただし、1歳で治まる赤ちゃんもいれば、2歳を過ぎても夜泣きを続ける赤ちゃんもいます。


夜泣きが長引く原因としては、赤ちゃんの性格・健康状態、お父さんお母さんの関わりの程度と親子の関係性、夫婦関係、家庭の環境(音楽や物音がうるさい、明るすぎる、衛生環境が良くないなど)などが考えられます。


赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

夜泣き対策9.添い乳やミルクをやめる(夜間断乳)

生後7・8・9ヶ月の赤ちゃには、寝かしつけや夜泣きにミルクや添い乳で対応することが多いでしょう。しかし、添い乳やミルクでの寝かしつけが習慣化すると、それなしでは安心感を得られないようになり、たびたび目覚めるようになってしまいます。

一般的に、入眠と授乳を切り離すことによって寝つきが良くなる赤ちゃんが多いようです。もちろんパパやママが夜泣きのたびのミルクや授乳に問題なく付き合えるようなら、無理に夜間断乳を推し進める必要はありません。

しかし、生後7・8・9ヶ月になれば離乳食が始まり、栄養はミルクや母乳以外でも摂取できている赤ちゃんが多いでしょう。離乳食が順調に進んでいるようならば、夜間に断乳しても問題ありません。あまりにもつらい夜泣きの場合は、夜間断乳を検討してみてくださいね。

生後7・8・9ヶ月の赤ちゃんの夜泣きの原因と対策10選!授乳、ミルクの影響は? | mamanoko(ままのこ)

子守唄・音楽を聞かせる

ママが優しく子守唄を歌ってあげると、赤ちゃんの気分が落ち着いて眠りにつきやすくなります。できるだけゆっくりしたリズムで、毎日同じ歌を歌うことがポイントです。

オルゴールなどの、心が落ち着く音楽を聞かせてあげるのもオススメです。

【助産師監修】夜泣きはいつから?赤ちゃん~2歳の夜泣きの原因と対策|AMOMA

なによりも大切なのは、赤ちゃんの夜泣きをママひとりで抱え込まないこと

いくら夜泣きを放置するといっても、どうしたって赤ちゃんが泣きやまないときのストレスは計り知れませんよね。

何ヵ月も細切れの睡眠しか取れなかった場合、心にもカラダにも負担は大きく、育児ノイローゼになっていまうママもいます。

大切なのは、夜泣きのストレスをママひとりで抱え込まなこと。

週末だけでも、パパに夜泣きのお世話を変わってもらいましょう。

ママのこころが疲れ切ってしまう前に、少しの時間でも休ませてあげることが大切です。

先輩ママに体験談を聞いたり思いっきり愚痴を言ったり、保健センターに相談したり、とにかく感情を外に出すように心がけるも重要。

たとえ根本的な解決に繋がらなくても、ストレスをため込むよりもずっと気持ちが楽になるかもしれませんよ。

どうしても夜泣きが収まらない場合、小児科に相談するのもひとつの手。

漢方を処方されて改善することもあります。

ママにとっては睡眠不足やストレスの原因になりがちな夜泣きは、赤ちゃんが順調に育っている証で、今だけのもの。

周りのひとにも上手に頼りながら「そのうち泣き止む」とどっしりと構えましょう!

こちらの記事もあわせてチェック!

赤ちゃんの部屋【関連記事】
夜泣きはいつからいつまで?泣き続ける原因と対策は?
夜泣きを放置するとママも赤ちゃんも睡眠時間が増える!? | 赤ちゃんの部屋

夜泣きを放置するとママも赤ちゃんも睡眠時間が増える!?

出産予定日を入力する

赤ちゃんの生まれた日を入力する

赤ちゃんの部屋育児・子育て子育ての悩み
夜泣きを放置するとママも赤ちゃんも睡眠時間が増える!? | 赤ちゃんの部屋

少しずつ慣らしていけば大丈夫

今まで毎日添い寝をしてきたのにある日突然放置されれば赤ちゃんも不安になってしまうでしょう。

夜泣きの放置はまず短時間の放置からはじめて、少しずつならしていくことが大切。

夜泣きを上手に放置するためにのステップをご紹介します。

夜泣きを放置するとママも赤ちゃんも睡眠時間が増える!? | 赤ちゃんの部屋

妊娠中に美容院へ行ったのはいつ?美容院へ行くときの注意点や産後の意識ポイント

妊娠中の美容院はいつまで行けるのか気になるママもいるかもしれません。今回の記事は、妊娠中に美容院に行くときに気になったことや最後に美容院にいったのはいつなのか、美容院へ行くときの注意点と産後を意識した髪型のポイントを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。


夜泣きのピークや終わる時期。新生児期から2歳児の幼児期の夜泣き対策|子育て情報メディア「KIDSNA」