月齢により睡眠リズムが異なる

月齢により睡眠リズムが異なる

夜泣き専門保育士・清水悦子さんの著書に『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』があります。

その著書によると「大人の場合1セットにかかる時間は90~120分ですが、新生児で1セット40~50分、生後3ヶ月で50~60分、2歳で75分、5歳でようやく大人と同じ90分に近づく」とのこと。

3、4歳になっても夜中に目を覚ましてしまうのも、自然なことといえます。

AMOMA ベビースリープはこちら >
【助産師監修】夜泣きはいつから?赤ちゃん~2歳の夜泣きの原因と対策|AMOMA

お気に入りの安眠グッズを持たせる

お気に入りのタオルやぬいぐるみ、ブランケットなどと一緒に寝る習慣をつけましょう。そうしたお気に入りグッズが安眠剤の役割を果たし、赤ちゃんが自分で入眠儀式をしてくれるため、ママの負担も減ります。

これをすればすぐ寝る!という魔法のような方法はありませんが、生活リズムを整えたり、入眠儀式をつくるなど、毎日根気よく続けていくことが夜泣き対策のコツです。

少しでもママの睡眠不足の解消のお役に立てれば幸いです。

【助産師監修】夜泣きはいつから?赤ちゃん~2歳の夜泣きの原因と対策|AMOMA

AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。”AMOMAよみもの”を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

記事一覧を見る
【助産師監修】夜泣きはいつから?赤ちゃん~2歳の夜泣きの原因と対策|AMOMA

赤ちゃんの夜泣きは、いつか終わるもの

赤ちゃんが毎晩のように夜泣きをすると、ママやパパは体力も気力も削られて疲れてしまいますが、赤ちゃんの成長のひとつと捉え、じっくり向き合っていきましょう。夜泣きには、必ず終わりがくるものです。

睡眠不足から育児や何もかもに嫌気が指してしまうこともあるかもしれません。ママがストレスフルな状態でいると、赤ちゃんも不安になってますます夜泣きがひどくなることもあるため、パパや家族に頼って、ママの睡眠時間を確保したりリフレッシュしたりするようにしましょう。

赤ちゃんとママにあった対策を見つけて、夜泣きの期間を上手に乗り切っていけるといいですね。

関連キーワード

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう

夜泣きとは?いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの原因と対策 – こそだてハック

赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

TweetShare+1HatenaPocketRSSfeedlyPin it

赤ちゃんの夜泣きは、子育てにおける大きな悩みの種の一つです。


ある日突然始まって数ヶ月以上にわたって続く上、お父さんお母さんが熟睡している時に泣き出すことが多いため対応がとにかく大変で、育児の中でも負担感が大きくストレスがたまりやすいものです。


夜泣きが原因で育児ノイローゼになるというお父さんお母さんも少なくありません。


夜泣きは、ほとんどの赤ちゃんが成長の過程で通る道で、夜泣きをなくすことは難しいものですが、適切に対処することで育児の負担感を減らすことはできることがあります。


このページでは、夜泣きの原因・理由、始まる時期と治まる時期、対処法について紹介しています。


見出し

22.12.22.32.43.13.255.15.25.35.467
赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

環境の変化

大人以上に赤ちゃんは環境の変化に敏感です。外で一日中大きな音がしていたり、家の中がドタバタしていてうるさい、あるいは外に出た時に天気が悪かったり、やたらと寒い、暑い等といった極端な環境の変化が夜泣きの原因になることがあります。


引っ越しや、実家へ里帰り、旅行等自宅以外の環境の変化にも赤ちゃんは弱いです。日中に受けた環境からのストレスが、興奮材料となって夜中に思い出され、夜泣きをする赤ちゃんも少なくありません。


新生児〜赤ちゃんの夜泣きの原因と対策

保育園はいつから探す?いつから預けられる、準備や予約などママたちに調査

育休明けや新たに働き始める場合、保育園にいつから子どもを預けられるのでしょうか。4月入園か途中入園かで、保育園を探す時期や予約する時期も違うかもしれません。今回は、保育園にはいつから預けられるのかや、保育園を探す時期や働くタイミング、入園準備を始めた時期についてママたちの体験談を交えてご紹介します。


夜泣きのピークや終わる時期。新生児期から2歳児の幼児期の夜泣き対策|子育て情報メディア「KIDSNA」

朝起きたら太陽の光を浴びさせ、夜は早めに部屋を暗くする

明るくなったら起きて、暗くなったら眠るというリズムを体に覚えさせるため、朝起きたらまずカーテンを開けて太陽の光を浴びさせてあげましょう。月齢の浅い赤ちゃんは、朝・昼・夜の区別がついていないので、その感覚を徐々に覚えさせてあげる必要があります。

1ヶ月健診を過ぎたら、昼間はできるだけ電気をつけず太陽の光で生活し、天気の良い日は散歩に連れていき、昼間の感覚を意識させてあげましょう。

天気や体調が悪くて外出しづらい日は、ベランダに出たり、窓をあけたりして、ときどき外の空気を取り入れてください。

夜は眠りにつく2時間前までには電気やテレビなどの強い光を消して部屋の中を徐々に暗くすると、寝付きがよくなりますよ。

夜泣きとは?いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの原因と対策 – こそだてハック

夜泣きのピーク

夜泣きのピークの時期がいつだったのか聞いてみると、先輩ママたちからは「1歳前」と「1歳半頃」という声が多くあがりました。ただし、1歳前頃のピークの時期はまだ授乳しているママも多く、子どもが泣いても授乳で落ち着いてくれるのに対し、1歳半頃のピークには卒乳しているママが多いため、子どもがなかなか泣き止まないという違いがあるようです。


夜泣きのピークや終わる時期。新生児期から2歳児の幼児期の夜泣き対策|子育て情報メディア「KIDSNA」

育児に関する人気記事

産後の悩みをまとめて解決!?万能産後サプリ「ママサポートイズミ」とは
おすすめ宅配弁当ランキング!妊娠中〜産後のママに便利な食事
幼児教材を無料で試そう!無料サンプルのあるおすすめ幼児教材6選!
新生児の便秘の見分け方と便秘の原因や解消法
母乳がでない!?今すぐ試せる母乳不足の解消法!
1日わずか98円!妊娠中から授乳期、産後のママに大人気「すっぽん小町」の人気の秘密とは!
新生児の寝ぐずりの原因と対策
新生児〜赤ちゃんの夜泣きの原因と対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です