Latest Article

Latest Article

「ライフ」に関する新着記事


電車で男の子に『仮面ライダー』を見せてあげた男性 去り際、母親のひと言に驚愕!


「30歳独身彼女なし」1人で生きていくのかな… まさかの逆転劇に「映画かな」


『魔女の宅急便』が好きすぎる娘 突然「私は魔女!」といい出した結果…!?


地震、噴火、豪雨…何が起こってもおかしくない時代 私たちにできることとは


私が、品揃えもイマイチで特別安いわけでもない食料品店に通い続ける理由


「ちゃんと水分とってたんだけど」 脱水症状の患者が飲んでいたモノに、ギョッ!


母「娘の秘密を見つけてしまった…」 14年前の封筒に書かれていた言葉は?


福岡で話題のチェアリングスポットを探す旅


赤ちゃんの『謎の夜泣き』 解決の糸口は、妻を心配した夫の「ひと言」! – grape [グレイプ]

まずは一人で眠ることを教えてあげる


できるだけ赤ちゃんが自力で眠ることができるように部屋を暗く
し、ママの添い寝がなくても自然に眠れるように訓練します。

穏やかなオルゴールや子守歌のBGMを小さな音量でかけてあげるのもいいかもしれませんね。

夜泣きを放置するとママも赤ちゃんも睡眠時間が増える!? | 赤ちゃんの部屋

赤ちゃんの夜泣きを放置しないで

赤ちゃんの夜泣きに毎回対応するのは、とてもしんどいことですし、ストレスもたまります。


そのため、赤ちゃんが泣いていても放置してしまうお父さんお母さんも少なからずいます。


しかし、放置された赤ちゃんは、不安や不満を募らせてますます激しく泣きわめくようになりますし、「かまってもらえない。助けてもらえない。」という思いを強めて、情緒的に不安定になるリスクもあります。


夜泣きを始めた赤ちゃんに対して、100%すぐに対応するのは難しくても、できる限り寄り添って対応してあげる努力は必要です。


お父さんお母さんが対応を分担し、それでもしんどい場合は、おじいちゃんおばあちゃんに協力を求めたり、知人友人、小児科や保健センターなどに相談したりしながら乗り切りましょう。


赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

「放置」よりも「見守る」というイメージ

泣いている赤ちゃんを「放置」するというのに罪悪感を感じてしまうようであれば、「見守る」というイメージを持ってみてはいかがでしょうか。

「放置」というと何もせずに放っておくというイメージが湧いてしまい「かわいそう!」と思ってしまうかもしれませんが、ここでいう放置は泣いている赤ちゃんをただ放っておく、というわけではありません。

具合はわるくないか、気温はちょうどよいか、オムツは汚れていないか…と赤ちゃんの様子を把握して不安要素を取り除き、それでも泣いてしまうときに暖かく「見守る」ということです。

赤ちゃんが夜泣きをするたびに添い寝をしたり、抱っこをしたりしないだけで、眠るまでトントンしたり、「ママはここにいるよ」と声をかけたり「見守って」あげてくださいね。

夜泣きを放置するとママも赤ちゃんも睡眠時間が増える!? | 赤ちゃんの部屋

赤ちゃんのぐずり泣きの原因と対策は?新生児もぐずる?

夜泣きとは?いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの原因と対策 – こそだてハック

理由がなく夜に泣くことがあります

夜泣きとは、多くの日本の育児書などでは、「生後半年頃から1歳半ぐらいの赤ちゃんにみられる、夜間の理由のわからない泣き」をさしています。昼間はとても元気に遊んで、寝る前までは機嫌も悪くなかったのに、夜中になって急に泣きだし、いろいろやっても、泣き止まないという状態が、この時期の赤ちゃんに多く見受けられるからです。
夜泣きが始まる月齢や続く期間、時間帯も赤ちゃんによってまちまち。中には、ほとんど夜泣きの時期がなかったという子もいるようです。


赤ちゃんはなぜ泣くの? 夜泣きとは? 妊娠 出産 育児 ムーニー ユニ・チャーム

赤ちゃんの夜泣きを放置しないで

赤ちゃんの夜泣きに毎回対応するのは、とてもしんどいことですし、ストレスもたまります。


そのため、赤ちゃんが泣いていても放置してしまうお父さんお母さんも少なからずいます。


しかし、放置された赤ちゃんは、不安や不満を募らせてますます激しく泣きわめくようになりますし、「かまってもらえない。助けてもらえない。」という思いを強めて、情緒的に不安定になるリスクもあります。


夜泣きを始めた赤ちゃんに対して、100%すぐに対応するのは難しくても、できる限り寄り添って対応してあげる努力は必要です。


お父さんお母さんが対応を分担し、それでもしんどい場合は、おじいちゃんおばあちゃんに協力を求めたり、知人友人、小児科や保健センターなどに相談したりしながら乗り切りましょう。


赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

早寝早起きで昼と夜の区別を

赤ちゃんの夜泣きが続くと、ついつい時間が押してしまい、寝る時間や起きる時間が遅くなりがちです。


しかし、夜泣きを防止するためには何といっても赤ちゃんに昼と夜の区別を教えてあげることが大切です。そのために欠かすことができないのが早寝早起きです。


きちんと起きることができなくても、朝必ず時間になったらカーテンを開ける等、工夫してみる所から始めてみましょう。


新生児〜赤ちゃんの夜泣きの原因と対策

ストレス

赤ちゃんは、空腹なのにすぐ母乳やミルクがもらえない、いつまでもおむつを交換してもらえない、お父さんお母さんがそばにいないといった理由でストレスを感じます。


しかし、ストレスを言語化して発散することができないため、小さい体の中にため込んでしまいます。


そして、ストレスが抱えきれなくなると、発熱や夜泣きといった身体症状として表現すると考えられています。


赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

赤ちゃんと一緒に寝る(赤ちゃんが寝た後も一人にしない)

赤ちゃんが不安を感じないよう、赤ちゃんと一緒に布団に入って寝かしつけましょう。


また、赤ちゃんが寝た後もできるだけそばを離れず、赤ちゃんが起きたらすぐあやしたりおっぱいをあげたりしましょう。


赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です